日本の自然災害 500~1995年

ページサンプルはこちら

 

書籍「日本の自然災害500~1995年」のご案内

日本の自然災害500~1995年

『日本の自然災害 500~1995年』

著者:小倉一徳
監修:力武常次/竹田 厚
定価:本体29400円(税込)
直販割引き:25000円(税込)
A4判・上製/640頁
ISBN4-906474-06-3

日本は古来多種多様の自然災害にしばしば襲われてきた「災害列島」である。最近では、最終的に約6500人弱の犠牲者を出した1995年1月17日の阪神・淡路大震災のインパクトは強烈であった。
本書の執筆者は地震・火山災害や気象災害の専門家ではないけれども、きわめて丹念に文献・記録を調査したうえでの執筆であるので、日本における有史以来の自然災害を網羅的に記述するという点では、その目的は十分に達せられていると言えよう。
[監修のことば]