日本の自然災害 1995~2009年

ページサンプルはこちら

書籍「日本の自然災害 1995~2009年」のご案内

世界の土砂災害(サンプル)

曲山鎮における西側斜面崩壊による崩土の堆積と市街地の被害

写真-6
曲山鎮における西側斜面崩壊による崩土の堆積と市街地の被害(崩土の堆積部は長さ約400m、約440m、厚さ約30m, 土砂量約5,200,000m3)上流の唐家山の天然ダムから流出してきたと見られる土砂が三前江川の河床および市街地に堆積している。
(2008年7月27日撮影)

北川県曲山鎮における東側斜面崩壊による市街地の被害

写真-7
北川県曲山鎮における東側斜面崩壊による市街地の被害(平均勾配約40°、高さ約300m、長さ約400m、幅約400m、平均深約20m、土砂量約3,200,000m3)
(2008年7月27日撮影)

熊本県水俣市深川新屋敷地区で発生した土石流

写真-8
北川県曲山鎮における東側斜面崩壊による崩土の堆積と市街地の被害
(崩土の堆積部は長さ約300m、幅約500m、厚さ約20m,土砂量約3,000,000m3)
(2008年7月27日撮影)