なぜ磁石は北をさす

ページサンプルはこちら

 

書籍「なぜ磁石は北をさす」のご案内

なぜ磁石は北をさす

『なぜ磁石は北をさす』

著者:力武常次(りきたけ つねじ)
定価:本体1,200円+税
四六判・並製/232頁

1921年、東京に生まれる。東大理学部地球物理学科を卒業。東大地震研究所、東京工大応用物理学科、日本文理学部の各教授を経て、現在は(財)地震予知総合研究振興会顧問。
専門は地球電磁気学で、地磁気の原因について“力武モデル”の提唱で世界的に知られる。地震予知計画の体系化にも力を注ぎ、地震警報とその社会的影響というテーマでも幅広く活躍。
『地震予知論入門』『巨大地震』『動物は地震を予知するか』をはじめ、多くの著書がある。